静岡県吉田町の売却できない農地を買取ります
静岡県吉田町の農地・青地買取りは買取り実績多数の当社へご相談ください
あたらしやアグリバイオ株式会社
無料でお見積り致します。 サンプル

吉田町をはじめ農地のお困りは日本全国で起きています

「農業をしているが後継者がいない」「農地を持っているが、耕作放棄地となっている」「売却したいが他社で買取れないと言われ買取り手がいない」など農地・青地に関するお悩みを持っている方が静岡県吉田町をはじめ全国に多数いらっしゃいます。

そして全国では高齢者・若い方が都心に出ていくことにより後継者不足がおき、農家の減少で所有者不明で耕作放棄される農地が増えています。耕作放棄された農地は害虫、獣害問題など危険性は多岐にわたります。

 

私たちはそういったお困りの農地を買取りさせていただき、「ソーラーシェアリング」と呼ばれる新しい農業を行い日本の抱える課題解決に取り組んでいます。

当社が農地の買取りをする理由
Check!
吉田町をはじめ、全国で今は問題のがなくても将来農地が悩みの種になるかもしれません
「今農地に関して困っていることがない」「親が農地を持っているが自分は農業をしないの巻毛がない」という方も将来農地が悩みの種になるかもしれません
Point
1

農地(土地)の相続の義務化

今までの日本の制度では、土地の相続は当事の任意とされていましたが、名義変更がないまま長年放置される農地が増えてきたことが問題視され、2021年の4月に「土地の相続登記を義務化する」という改正法案が可決され、2024年を目途に施行されることになりました。

改正法が施行されると、3年以内に土地の相続登記が義務化となります。期限内に相続登記をしなかった際には罰金10万円の過料が課せられることになります。

そして、この改正法は、今現在相続登記されず放置されている農地も無関係ではありません。改正法の対象となります。

 

吉田町で今お困りごとの起きていない農地でも、お子様、お孫様の代のこと、ご両親から相続されたときのことを考え、今から対処しておく必要があります。

Point
2

日本の制度では農地を手放すのにお金がかかる

今までの日本では農地を含む土地は売却以外の方法では手放すことは出来ませんでした。しかし2021年の4月に参議院本会議で可決成立された「相続土地国庫帰属法」と呼ばれる法令により、2023年の4月から、相続等で取得した不要な土地の所有権を手放して、国に対して所有権を返すことが出来るようになりました。

 

しかし、この法令はどんな土地でも帰属を認めてくれるというわけではなく、「抵当権等や争いがなく、建物もない更地」であり、管理や維持に必要以上の労力がかかる土地は帰属することはできません。

仮に帰属が認められても、審査手数料の他、承認を受けたた場合には10年分の土地管理費用相当額の負担金を納付しなければなりません。

Point
3

青地・1種農地は転用できない

青地・1種農地・農業振興地域と呼ばれる農地は、「農業の為の土地」「農業に最適な土地」とされており、農業以外の利用が原則厳しく制限されています。

なので、将来的に家を建てる、産業用の施設を建てることが基本的にできない農地となっております。

転用をすることが出来ないので、不動産などでも買取ってもらうことが出来ません。それに農地とは国が守っているものなので、一般の不動産などの買取り業者では売却することが出来ないので、毎年かかる固定資産税で悩まされているかたも少なくありません。

Check!
私たちはそういったお困りの農地を買取り致します
上に書いたようなお悩みはもちろん、後継者がいない農地、他社で売却できず手放せない農地などをお持ちの方は、是非1度当社にご連絡ください。
気軽にお電話でご連絡ください
03-6280-4068 03-6280-4068
受付時間:9:00~17:30

農業×再生可能エネルギー

農林水産省の推奨する新たな農業

ソーラーシェアリングとは、農地の上に太陽光発電所を設置し、下の農地部分で農業を行う新たな農業の方法です。

日本の食料自給率・エネルギー自給率の低下から注目され始め、近年ではその解決策として農林水産省からも推奨され承認されています。

下で育てる農作物は「陰性植物」と呼ばれる、日光を多く必要としない作物を育てることにより、より良い栽培環境を作ることが可能です。

 

更に、私たち独自の取り組みとして下で行う農業では、地域の授産施設の方、シルバー人材の方を雇用させていただくことにより、地域に新たな雇用の創出、雇用の拡大による活性化を行い、誰もが暮らしやすい共生社会の実現を目指しています。

 

さらに詳しい説明は下の動画をクリック

お答えします!

よくある質問

Q

誰が農業をやるのか

A

地域の授産施設の方々、シルバー人材の方々が中心に農業していただいております。

Q

売買等で地主が収入を得たら確定申告はどうするのか

A

副業の場合は給与所得以外で20万円を超えたら確定申告が必要ですが、

弊社の場合はそれに当てはまらないので、税務署に相談していただけまますようお願いいたします。

Q

登記費用はどうなるのか

A

名義者がご存命ですと登記費用等は全て弊社負担いたします。

ご名義者がお亡くなりになっていますと、まず相続者が登記してからの契約となります。

Q

契約した後の管理はどうなるのか

A

所有権移転登記が終わるまでは管理をお願いしております

Q

水利組合はどうなるのか

A

引き続き弊社で農業をやるため、解約手続き等は不要です

Q

農業委員会をちゃんと通しているのか

A

各市町村の農業委員会に営農計画書を提出して、それが認められなければ営農はすることが出来ません。

ですのでご安心ください。

Q

何を作っているのか

A

ドクダミ、ミョウガ、サカキなどを生産しております。 

生産した農作物は地域で販売をさせていただいております。

また、ドクダミは自社で健康ドリンクに加工して販売しております。

Q

太陽光を立てることで隣の農地に影ができて迷惑がかからないか

A

陰性植物(太陽の光がいらない植物)を生産しており、真下に影ができるようにパネルを設置するため、近隣の農地に影ができて迷惑がかかることはございません。

Q

賃貸の場合、太陽光を立てることで税金が上がるのではないか。

A

太陽光を建設しても、下で農業をやるため地目はそのままです。

なので、税金が上がることはございません。

Q

値段が安い

A

青地は年々評価額が減少しており、全国平均で1反当たり6~7万円となっています。(関東では1反当たり8~10万円)

それに対して弊社は約1.5倍の1反当たり10万円で、相場の倍以上で買取りをしています。

Company

耕作放棄地など全国の使っていない農地を再生・地方を活性化するために尽力しています

概要

会社名 あたらしやアグリバイオ株式会社
住所 104-0041
東京都中央区新富1丁目15-11
電話番号 03-6280-4068
営業時間 9:30~18:00
定休日 日、祝日

アクセス

売却したくても売却できない農地・将来に不安のある農地などございましたら、買取賃貸・有効な土地活用についてご提案しております。全国のお客様を対象にご相談を承っております。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事